Category Archives: Home Products & Services

葉が換えられて不機嫌になった!投げ手袋+低音文句- gif-roselip

葉が換えられて不機嫌になった!手袋を投げたり、声を小さくして文句を言ったりしていますが、ワルシャワと対戦していた戦での試合では、とても不愉快になりました。試合第65分、スコアはににより、勝負はまだ未定の情況の下で、ジダンルーカス·;巴斯克斯替えた本泽马フランスフォワード、顔も隠せない怒った表情。テレビのカメラが怒ったシーンに撮影されたテレビのカメラは、顔を真剣に歩いていた。ジダンと握手した後、手袋を地面に投げた。本泽马手袋を脅かして投げ莫拉塔本泽马主力位置の情況の下で、フランスストライカーシーズンじゅう次先発は、きゅう、く度替え。彼が唯一交換されていなかった試合は、ホーム5対1でワルシャワに勝った。一番本泽马受け入れることができないのは、彼はいつも最初になって交換された選手を替えて、しかも時間も早く。今度彼はついに自分の不満を隠せない。ジダンは明らかにもこの点を感知。続きを見てみてフランス監督はこの問題をどう解決し。今回のシーズンには、5ボールが入っていて、2回の腕前を送っていたが、圧力で競争に圧力をかけている場合には、株価の状態が問われている。(塞尔吉奥)

本泽马被换下后不高兴!扔手套+低声抱怨-GIF 本泽马扔手套   新浪体育讯  在对阵华沙莱吉亚比赛中被换下后,本泽马很不高兴。比赛第65分钟,在比分是2比2,胜负还未定的情况下,齐达内用卢卡斯·巴斯克斯换下了本泽马,法国前锋脸上也有了掩饰不住的生气表情。   电视台的摄像机拍到了本泽马生气的一幕,他一脸严肃地走到场边,与齐达内握手,之后将手套扔到了地上,而坐在替补席上后,本泽马又不停地喃喃自语,似乎是在抱怨,他没有与队友做任何交流。 本泽马扔手套   在莫拉塔威胁到本泽马主力位置的情况下,法国前锋本赛季10次首发,却有9次被换下。他唯一一场没有被换下的比赛是主场5比1大胜华沙莱吉亚。最让本泽马无法接受的是,他总是成为第一个被换下的球员,而且换下的时间都很早。这次他终于不再掩饰自己的不满。齐达内显然也感知到了这一点。接下去要看看法国教练怎么解决这个棘手的问题。   本赛季本泽马打入了5球,送出2次助攻,在莫拉塔施压竞争压力的情况下,本泽马的状态遭受了质疑。(塞尔吉奥)相关的主题文章:

騎士発表合宿じゅうく人民代表大会リストjr欠席まだ交渉の中で-cagliari exchange

クリーブランドの騎士団は今日、訓練大隊19人のリストを発表した。-スミスはその中ではありません。騎士隊の訓練キャンプじゅうく人民代表大会リストそれぞれ:クリス-アンダーソン、马克尔-ブラウン、マイク-邓利维、ガイ-ヴェルデ、钱宁-フライ、ジョン-ホランド・ジョナサン-霍尔姆斯、キャリー-オーウェン、レブロン-ジェームズ・コーリー-杰弗森、リチャード-傑弗森、邓台-ジョーンズ、ジェームズ-ジョーンズ、徳アンドレア-キングズレーに、夫は、ケビン-ジョーダン-邁カラット伊、エリック-莫ランド、伊曼-シャンプーッターや特里斯坦-トンプソン。この19人の中で、28歳の選手の中で、Jと騎士チームは2年近く200万ドルの契約を達成し、その一部が保障されていて、2年目はチームのための選択肢となっています。これででキングズ騎士になるチームの陣容に名を持つ第じゅうよん少なくとも部分保障契約の選手。今から見ると、15位に保障契約を持っている選手は、それが本物だと予想している。-スミスだが、これまでは、JRと騎士チームが契約契約を達成していないため、騎士隊の訓練大隊を欠席することになりました。JRは最近クリーブランドに滞在していて、騎士チームは契約交渉についての対話を続けていたが、まだ何も進展していないという。(ローソン)

骑士公布训练营19人大名单 JR缺席仍在谈判中 骑士训练营大名单   新浪体育讯  北京时间9月27日,据美媒体报道,克里夫兰骑士队今天公布了训练营的19人大名单,自由球员J.R。-史密斯并不在其中。   骑士队的训练营19人大名单分别是:克里斯-安德森、马克尔-布朗、迈克-邓利维、凯-费尔德、钱宁-弗莱、约翰-霍兰德、乔纳森-霍尔姆斯、凯里-欧文、勒布朗-詹姆斯、科里-杰弗森、理查德-杰弗森、邓台-琼斯、詹姆斯-琼斯、德安德烈-里金斯、凯文-勒夫、乔丹-迈克拉伊、埃里克-莫兰德、伊曼-香波特、特里斯坦-汤普森。   这19人里面,28岁的侧翼球员里金斯和骑士队达成了一份2年近200万美元的合同,其中一小部分受保障,第2年为球队选项。这使得里金斯成为骑士队阵容里第14名至少拥有部分保障合同的球员。   从目前来看,第15位拥有保障合同的球员预计将是J.R。-史密斯,但是到目前为止,JR与骑士队依然还没有达成续约合同,这使得他将缺席骑士队的训练营。   据悉,JR最近一直待在克里夫兰,而且他和骑士队依然保持着关于合同谈判的对话,但是目前还未取得任何进展。   (罗森)相关的主题文章:

アジア第一の国が胸を破って笑顔を上げた。-步步高i606

アジア第一の国が足を勝って心を奪われて笑顔を上げた結果「原句」国足0 0 0 – 0イランの魚の傷が下がっていたがイランと対戦していた。結局、人はアジア第一であり、結局何度も最後の時に反撃に成功した。だから、口で言っているわけではないが、もし勝ったとしても、心の中では、本当は自分の言うことを信じることが多いわけではない。イラン国に足顔色ひとつ変えず「とイラン打ちますか?それはまだ虐待を待っているのではないか?」試合前の球場で、タクシードライバーは頭を振ってこう言いました。その時、私の心の中にも少しの共感があるでしょう。実はこれは心魔、積年見る中国サッカーファンの心魔へのインタビュー、長年中国サッカーの記者の心魔、それも、中国チームは自分の心魔?じゅうご年アジアサッカーセンターから離れて、落ちぶれタイまでこのようなチームに負けてついちごより、たとえ相手のない派足主力の東アジアカップの試合もよく、負けの0さんより、こんな国足、またどのように心魔ないかも?しかし、昨夜、この心の中は本当に次第に戻ってきました。この心魔で勝つのは、中国のサッカーは自分の努力。初戦から韓国の冒頭から上がって、その後2ボールを追いかけさん分まで、中国のサッカーはついに発見して自分もそれほど差。昨日の夜、瀋陽オリンピックセンターでアジア第一のイランチームに対して、我々の戦術が保守的であろうと、私たちのプレーはきれいであろうが、私たちは本当に相手の攻撃に耐えられていた。そしてとうとう0対0では最大の励ましのチーム。「私たちはもっと上手にできて、グループの中で最強の2チームと戦った後、もっと自信を持っていきました。私たちは後ろの試合で、もっと上手になれると信じています。」試合後、選手たちがついに笑顔を上げた時、私の目の前に流れたのは昨年11月17日に中国の香港のグランドコートの外にあるグレーの顔だった。中国の香港から仕方がなくて、今までイランは仕方がなくて、中国サッカーはやっと自分に属する自信を取り戻しました。

逼平亚洲第一国足战胜心魔 扬起笑容面对结果 【战报】国足0-0伊朗 曾诚伤退武磊错失单刀 主场对阵伊朗,赛前的忐忑其实一直都在。毕竟人家是亚洲第一;毕竟人家多次在最后关头反击得手;毕竟人家是经验丰富的老司机。所以,虽然嘴上说着没准就逼平了,万一赢了这样的话,但是内心里,其实并没有多相信自己说的话。面对伊朗国足毫无惧色“和伊朗打?那还不是等着被虐?”赛前的球场边,出租车司机摇着头这样说道。而这一刻,我的内心大概也有着些许的认同吧。其实这就是心魔,一个对于多年看中国足球的球迷的心魔,一个对多年采访中国足球的记者的心魔,而这又何尝不是对于中国队自己的心魔?15年远离亚洲足球中心,沉沦到连泰国这样的球队都输个1比5,即使是对方没有派足主力的东亚杯比赛,也是常常输个0比3,这样的国足,又怎么可能没有心魔?但是,昨晚,这个心魔真的渐渐退去了。而战胜这个心魔的,正是中国足球自己的努力。从首战韩国的开场就怯场,到后来3分钟连追两球,中国足球终于发现原来自己也没有那么差。而昨晚,在沈阳奥体中心,面对亚洲第一的伊朗队,不管我们的战术是否保守,不管我们的打法是否好看,但是我们真的顶住了对手的进攻,我们真的创造了不少属于自己的得分机会。而最终一个0比0的比分,更是对球队的最大鼓励。“我们可以做得更好,和小组中最强的两支球队交手后,大家变得更自信了。我们相信在后面的比赛中,一定能够打得更出色。”赛后,当队员们终于扬起笑容面对结果,这一刻,我眼前飘过的是去年11月17日中国香港旺角球场外那一张张灰色的面孔。从被中国香港逼得没有办法,到如今逼得伊朗队没有办法,中国足球终于找回了属于自己的那份自信。相关的主题文章:

五裏河体育場跡地を数え国足10強戦東北往事-捜狐スポーツ-pgd-426

5つの木の競技場の遺跡を訪問して数える国の十強の試合の東北の昔の昔の昔の昔の昔の昔の昔の事を訪問します。この2日、瀋陽の町の町はにぎやかになってきて、全国各地からのファンがますます多くなってきました。15年前の10試合によると、中国チームが率いる中国チームは、瀋陽で初めてワールドカップに突入し、瀋陽はこれから中国のサッカーになった」。15年が過ぎて、瀋陽は再び中国のサッカーの「熱語」になり、記者も再び瀋陽5名のスタジアム遺跡を訪ねてきた。五裏河スタジアムから夜のカーニバルが消えるまで勝ち進んじゅう年五裏河スタジアムは1988年には、瀋陽市靑年街南端。この球場にしながらて遼寧サッカーと中国のサッカーは共通の歴史思い出:1989年、高丰文率いる国足にここでは0よりイラン隊を破って、1990年、遼寧省チームに敗れた日本チームはここで日産を手に亚俱杯優勝となり、中国サッカーの第一個のアジア冠軍クラブ。もちろん、2001年はち月25日~じゅう月にじゅう日じゅう強での旅は、中国のサッカーが今一番幻の一次徴戦も、五裏河スタジアムで一番輝いている歴史。全体期間にじゅう強で化率いる国足ここをよんしよのホームの勝利、じゅう月ななしち日早めに勝ち進んで――五裏河スタジアムを目撃した。中国サッカー史上最もエキサイティングな夜。しかし、10強の試合後には、五枚の競技場が消えてしまう。瀋陽で2008年のオリンピック競技場になったため、5つの木の競技場のハードはオリンピックの要求に合致しないで、この区間の交通の深刻な制約の都市の発展に加えて、瀋陽は2007年2月12日15時に5つの魚の競技場全体を爆破して撤去して、その後南に引っ越して瀋陽オリンピックの体育センターを建設して、9月6日の中の伊の戦いの試合場。当初5つの木の競技場が撤去された時、最も悲しいのは瀋陽ファン協会の会長であった。国足10戦の突破を記念するためにV型記念彫刻が建設された。この彫刻は、代表と11人の代表が主体で、下部は大サッカーだった。この彫刻は5つの魚の競技場の東門広場に位置していて、完成してから一時的な風景がない。この彫刻を建設するために,負債は百万円もある。五百万台のスタジアムで爆破されたとき、スタジアムが生きていけると思ったことがある。5名の競技場が撤去された後、その巨大なV型記念彫刻も一斉に除去された。その後長年の努力を、この彫刻が再並べ回五裏河体育場跡地瀋陽図書館の芝生の広場。2015年じゅういち月26日、孙长龙自分の事務所が意外に死去、享年54歳、彼は二度と見ることが出来ない瀋陽が再び訪れる中国代表のじゅうに強で。今の五裏河体育場跡地は1家の不動産デベロッパーが「新五裏河都市広場」の物件、ずらりと棟の住宅ビルで商業ビルや平地から、ある物件はまだで建設中。瀋陽に対して、ここは今ただ1つの商業のランドマーク、中国のサッカーが殘したじゅうご年時代二度とここにはいささかの痕跡を見つける。銅の像:44体の輝きから32尊まで、その年の国の足に立った記念遺産は、そのV型彫刻のほかに、大きな記念品がある。10強の試合期間には、国が瀋陽市の市街地から離れたのホテルに駐屯していた。敗退後、瀋陽緑島ホテルを記念するために、国家チームメンバーに彫刻して実写割合銅像計44尊、300万元のコストは、平均尊ななしち万元近く。国じゅう強で足参加のすべてのコーチ、選手やスタッフが自分の姿を殘して。像が落成した日には,魚が自ら出席して興を添えて,場面がたいへん評判を呼んでいた。これから10年余りの間に、李剛と代表たちは、時々、の芝生の芝生の上でこれらの銅像を見ることができます。2012年6月、この記念価値のある像は瀋陽図書館の前の芝生に移され、V型突破彫刻と共に、この地域の新しいマークとなった。像が移転した時、44体は32尊が残っていたが、基本はすべての監督と選手で、当時の国連代表団の団長がいなかった。今、この芝生はいくつかの小型人工草サッカー場に改造され、瀋陽児童サッカー公園と命名され、休日は無料で市民を連れてやってきた。今、32体が芝生にひっそりと立っている。はひとつの簡単な紹介当時じゅう強で始末の記念铜匾象眼地上のほかに1体の銅原型の名前はない。記者現場一つ一つ外観判別を見るとき祁宏、江津二人の彫刻の時、鈍感無限すすり泣く。公園では人々が行き来していて、この彫刻はあまり多くなく、老人や熱愛中の男女が、芝生に座っている座席に座って休んでいて、目の前の銅像を見てみないようにしています。旧サッカーファン:15年、その年の精神を取り戻すためだけに5枚の遺跡を訪ねた時だけに、記者は瀋陽ファンの小ヨーロッパと出会いました。じゅうご年前に彼は地元の中学生と、クラスメートに五裏河スタジアム見たじゅう強でのすべてよんしよ試合、その感動は一生忘れられない。彼は、彼の人生は今見て瀋陽の最もにぎやかな一日。小ヨーロッパは暖かいファンであるが、残念ながら5つの木は後に瀋陽の葉のホームになった。その後、瀋陽は長沙に行って長沙に行った。今では、オリンピックでは、料理が上手になっていますが、しかし、ファンの精神的な帰属感は、いつまでも強いです。「私たちの瀋陽のファンは5人の気持ちに対して深い感情を持っています。その後、一気に解体しても感心していますが、実は、中国のサッカー記念館を訪れているのではないでしょうか?……」小ヨーロッパの憧れ。湖北省にある黄色のファンの群れはソウル特別市から外国から応援をしていたばかりで、瀋陽に来て、5枚の近くの東北の家庭料理屋で食事をしました。その家の小料理屋じゅうご年来ずっと営業、今の小社長は代を継いで、彼も目撃したじゅうご年前突破の狂気その夜、「当時の全体の瀋陽のホテルも徹夜営業、五裏河の近くのレストランも多くが無料で提供してビールを飲みましたから、全!それは酒を飲むかね、熱血!」黄石ファン団の1人の芦さん、今度はソウル特別市の韓戦でファンになったスター、当時彼の顔に塗って赤い油彩、上半身裸で、胸をかいた大きなサッカーは、「に0より、殺し!」「韓国を取って」と書いて、韓国の「朝鮮新聞」に写真を撮って記事を掲載した。彼は記者に言って、15年前に彼らも瀋陽にいて、彼らは武漢から列車に乗って煙台に着いて、また船に乗って大連に着いて、それから瀋陽に回転してボールを見ます。「あの時私たちは血が熱くなって、国が足を張って夜になって、私たちは青年通りに巨大な国旗を伝えて、人民広場までデモ行進しました。。」「今度私たちはボールを見にきて、勝ち負けにかかわらず、その年の情熱を取り戻したい。全国各地の大ファンになりたい」と回想している。」ファンと同じように、記者業界の「国足老砲」たちも四方から瀋陽に集まりました。彼らの多くの人は中国のサッカーの第一線で報道されている職場で仕事をしていなくて、すでにメディアをやらないで、しかしこの時間のメディアは“老砲”の思い出について、深く感化されたことを見て、絶えず自費で瀋陽に来て、長年会っていない古い戦友たちと集まって、更に再度切れない中国のサッカーのコンプレックスを目撃して、自分のかつての青春と熱血をしのぶことを目撃します!

探访五里河体育场旧址 细数国足十强赛东北往事-搜狐体育  还有两天,12强赛中伊之战就要在沈阳打响了。这两天,沈阳的街面上热闹起来,来自全国各地的球迷越来越多。   15年前的10强赛,米卢率领的中国队在沈阳首次杀入了世界杯,沈阳从此成为中国足球的“福地”。15年过去了,沈阳再次成为中国足球的“热词”,记者也再次来到沈阳五里河体育场旧址探访。   五里河体育场:从出线夜的狂欢到消失10年   五里河体育场建于1988年,位于沈阳市青年大街南端。这块球场承托着辽宁足球和中国足球共同的历史回忆:1989年,高丰文率领国足在这里以2比0击败伊朗队;1990年,辽宁队在这里击败了日本尼桑队捧起亚俱杯冠军,成为中国足球的第一个亚洲冠军俱乐部。   当然,2001年8月25日~10月20日的10强赛之旅,是中国足球至今最梦幻的一次征战,也是五里河体育场最辉煌的历史。整个10强赛期间,米卢率领国足在这里拿下4个主场的胜利,10月7日提前出线――五里河体育场见证了中国足球有史以来最激动人心的一个晚上。   然而,10强赛之后,五里河体育场就走向式微。因沈阳成为2008年奥运会的分赛场,而五里河体育场的硬件不符合奥运会要求,加上该路段的交通严重制约城市的发展,沈阳方面于2007年2月12日15时把五里河体育场整体爆破拆除,之后南迁浑南新址建造沈阳奥林匹克体育中心,也就是9月6日中伊之战的比赛场。   当初五里河体育场拆除的时候,最伤心的是沈阳球迷协会会长孙长龙。为了纪念国足10强赛出线,孙长龙发起修建了一座V型纪念雕塑,该座雕塑以米卢和11名国脚为主体,下部是一个大足球。该雕塑坐落在五里河体育场的东门广场,修成之后一时风光无两。为了修建这座雕塑,孙长龙负债百万。在五里河体育场要被爆破的时候,孙长龙曾想过要和体育场共存亡。   五里河体育场拆除后,那座巨大的V型纪念雕塑也一并被移除。后来经过多年努力,该雕塑才重新摆回了五里河体育场旧址沈阳图书馆广场的草坪上。2015年11月26日,孙长龙在自己的办公室意外去世,享年54岁,他再也没法看到沈阳再次迎来国足的12强赛。   如今的五里河体育场旧址,已经被一家房地产开发商变为“新五里河城市广场”的楼盘,一栋栋商业大厦和住宅楼平地而起,有的楼盘还处于在建中。对于沈阳来说,这里现在只是一个商业地标,中国足球留下的15年峥嵘岁月再也无法在这里找到半点痕迹。   铜雕像:从44尊辉煌落成到32尊默默矗立   当年国足出线的纪念遗产,除了那座V型雕塑,还有一组大型纪念铜雕。   10强赛期间,国足驻扎于远离沈阳市区的绿岛酒店作为大本营。出线之后,沈阳绿岛酒店为了纪念,为国家队成员按真人比例雕塑铜像,总共做了44尊,耗资300万元,平均每尊近7万元。国足参加10强赛的所有教练、球员和工作人员都留下了自己的身影。   雕像落成那天,米卢亲自到场助兴,场面十分轰动。此后10余年间,米卢和国脚们不时就会到绿岛酒店的那片大草坪上看一看这些铜像。2012年6月,这组极具纪念价值的雕像被移到了沈阳图书馆前的草坪,与V型出线雕塑放在一起,成为该地段的新标志物。   雕像迁移时,44尊原像只保留了32尊,基本就是全部的教练组和球员,当年国足代表团团长南勇没有在内。如今这块草坪被改建为几块小型人造草足球场,命名为沈阳儿童足球公园,假日免费开放给市民带小孩来这里踢球。   如今,32尊铜雕默默矗立在草坪上,锈迹斑斑。除了一块简单介绍当年10强赛始末的纪念铜匾镶嵌在地上之外,每尊铜雕已没有了原型的名字。记者现场逐一观瞻辨别,当看到祁宏、江津两人的雕塑时,顿感无限唏嘘。   公园里人来人往,对这组雕塑驻足观赏的并不多,只有一些老人家和热恋中的男女,会坐在草坪上的座椅休息低语,对眼前的铜像似乎视而不见。   老记、老球迷:15年,只为找回当年精神的寄托   在五里河旧址探访期间,记者邂逅了沈阳球迷小欧。15年前他还是当地一名初中生,和同学去五里河体育场看完了10强赛的全部4场比赛,那种激动让他一辈子难忘。他说,那是他人生至今所见沈阳最热闹的一天。   小欧是辽足的球迷,但可惜五里河后来成了沈阳金德的主场,再后来沈阳金德去了长沙,直到五里河没了,辽宁队也没有回到这里。虽然现在辽足在奥体、在铁西都踢得不错,但球迷的精神归属感始终没有五里河那么强。“我们沈阳的球迷对五里河的感情很深,对后来一下子拆掉都感到很感慨,其实,是不是应该在原址那里修建一个中国足球纪念馆……”小欧憧憬说。   一群来自湖北黄石的球迷刚刚从首尔为国足加油助威完来到沈阳,在五里河附近一家东北家常菜小饭馆吃饭。那家小饭馆15年来一直营业,现在的小老板是子承父业,他也见证了15年前出线的那个疯狂夜晚,“当时整个沈阳的饭馆都通宵营业,我们五里河附近的饭馆很多都免费向球迷提供啤酒,全喝光了!那喝的哪是酒呀,就是热血!”   黄石球迷团里的一位芦先生,这次在首尔的中韩之战中成了球迷明星,当时他的脸上涂满红色油彩,赤裸上身,前胸画了一个大大的足球,写着“2比0,杀!”,背后写着“拿下韩国”,他被韩国的《朝鲜新闻》拍下了照片并刊登了报道。他告诉记者,15年前他们也在沈阳,他们是从武汉坐火车到烟台,再坐船到大连,然后再转到沈阳看球的。“那时候我们热血沸腾,国足出线夜,我们在青年大街传递一面巨大的国旗,一路游行到人民广场。”他回忆说,“这次我们来看球,不管输赢,就是想找回当年的激情,会一会全国各地的老球迷们。”   和球迷一样,记者行业中的“国足老炮”们也从四面八方汇聚沈阳。他们中很多人已经不在中国足球一线报道的岗位上工作,甚至已经不干媒体了,但看了这段时间各路媒体关于“老炮”的回忆,深受感召,纷纷自费前来沈阳,既为和多年不见的老战友们相聚,更为再一次见证割舍不下的中国足球情结,缅怀自己曾经的青春和热血!相关的主题文章: